八ケ岳がドットコム・八ケ岳観光圏ポータルサイト

北杜市・富士見町・原村 ●加盟店

12月のイベント▼

開催日:12月10日から2017年3月25日/スターオーシャン八ヶ岳 2017 開催地:北杜市、原村

 
「今夜、 君に見せたい ものがある」
八ヶ岳の星空をナビゲーターがご案内する星空観察ツアーです
幾万年の大地の記憶を持つ八ヶ岳エリアならではの悠久の時間旅行へ、大切な人とお越しください。

八ヶ岳南麓の3か所の天空テラスで12月10日から2017年3月25日まで毎週土曜日(1/8(日)も開催)、繰り広げられます。

料金 当日:大人2000円 小人1000円(事前予約:大人1900円 小人900円)

詳しくはこちら
https://tenkuhaku.com/starocean/

開催日:12月10日(土)/南アルプス学講座「南アルプスの両生類と魚類」 開催地:北杜市、原村
開催日:12月17日(土)/南アルプス学講座「南アルプス周辺の里山の自然環境の価値」 開催地:北杜市

南アルプスユネスコエコパークをもっと知ろう!
南アルプス学講座で学んでみませんか。
南アルプス世界自然遺産登録山梨県連絡協議会学術調査委員会では、南アルプスユネスコエコパークの特徴や魅力等に関する、全11回の連続講座を開催します。 ご興味のある内容の講座のみの受講も可能です。 受講は無料ですが、会場の都合上、定員を設けておりますので、事前にお電話にてお申し込みください。 申込・問合せは、会場となる市町村までお願いいたします。 問い合わせ先:北杜市観光・商工課TEL:0551-42-1351(直通)

開催日:11月19日〜2017年1月9日:イルミネーションフェスティバル原村2016 開催地:原村

原村第1ペンション村高原朝市広場に高さ20 m超のドイツトウヒのイルミネーションをはじめ、約1.2kmのイルミネーション並木も見どころです。
週末には「星空市」も開かれ、温かい飲み物やクラフト体験なども出来ます。また、ミニコンサート等のイベントも用意されています。(11/29、12/6、12/13、12/20・17時〜22時)
詳しくは、https://www.vill.hara.nagano.jp/docs/1814.html


※お問い合わせ:原村観光連盟 TEL:0266‐79‐7072

開催日:11月19日~2017年1月3日光のページェント 開催地:北杜市

ロマンティックなムード漂うキャンドルナイト、光のトレイン・ハイジ号に乗って園内を巡るイルミネーションツアー、日本一長い230mのバラの回廊が幻想的な光のトンネルに大変身など、魅力いっぱい。
日没~21:00まで 大人:510円 中高生:250円

お問い合わせ:"ハイジの村 ℡0551-25-4700

開催日:12月1日~2017年2月28日/萌木の村の イルミネーション 開催地:北杜市

自然の素材を生かしたナチュラルクリスマス。トナカイのそり、サンタクロースが萌木の村に登場します。光輝く萌木の村はロマンチックな世界。



お問い合わせ:萌木の村 ℡0551-48-3522

開催日:12月上旬~4月上旬予定/富士見パノラマスキー場 オープン 開催地:富士見町

諏訪南ICから車で10分!晴天率85%!ふじぱらは3kmのロングコースのほかさまざまなゲレンデ、腕を磨けるパークで初心者から上級者までレベルに合わせて楽しみながら上達できるゲレンデ。入笠山では大自然の中を誰でも気軽にスノートレッキングが楽しめる。

お問い合わせ:富士見パノラマリゾート ℡0266-62-5666

開催日:12月中旬~4月上旬(予定)/サンメドウズ清里スキー場 オープン 開催地:北杜市

"都心から約2時間でスキーが楽しめる!八ヶ岳主峰の赤岳を背に標高1,900mの上質なパウダースノーを堪能できます。お子様に大人気のスノーランド。キッズプレイルームも完備!



お問い合わせ:サンメドウズ清里スキー場 ℡0551-48-4111

開催日:12月中旬~4月上旬予定/富士見高原スキー場 オープン 開催地:富士見町

小淵沢ICからわずか10分。キッズスノーランド、アニマル遊園地を備えた初心者やキッズでも楽しめるファミリーゲレンデ。富士山や南アルプスの眺望を堪能しながらトレッキングが楽しめる。麓には地下1700mから湧き出す八峯園鹿の湯で疲れを癒すこともできる。


お問い合わせ:富士見高原スキー場 ℡0266-66-2932

開催日:1月~3月予定八ヶ岳天空博覧会  開催地:北杜市、富士見町、原村

冬ならではのイベントや体験プログラムを8個のパビリオンでご紹介します。
お問い合わせ:㈳八ヶ岳ツーリズムマネジメント ℡0551-48-3457

お知らせ

「DMSエリアサポーター合同説明会」を開催しました。

八ヶ岳観光圏では、多様な関係者と行政が官民一体となり、合意形成・情報共有を基本とした広域連携による観光地域づくりに取り組んできました。
今後、より高いレベルでの観光地域経営(国の政策である広域連携)、質の高い合意形成、情報共有等が必要とされる中、ICTを活用した、様々な機能を併せ持つシステム「DMS(デスティネーション・マネジメント・システム)」を構築し、効果的な情報発信、各種データの収集・分析、明確なコンセプトによる観光地域づくりの推進を図ります。
マーケティング・情報発信・情報共有等の機能を、地域の施設/店舗にご活用して頂くため、観光圏内各エリアに「啓蒙普及員(エリアサポーター)」をおき、地域研修会及び加盟店のフォローをして頂くサポート体制を整えていきます。
その第一弾として、DMS啓蒙普及員(エリアサポーター)登録者合同説明会を開催いたしました。

12/2 八ヶ岳観光圏シンポジウムを開催しました!


山梨県北杜市と長野県富士見町・原村の1市1町1村の3市町村で形成された
八ヶ岳観光圏は、「1,000mの天空リゾート八ヶ岳~澄み切った自分に還る場所~」
をコンセプトとし、平成22年度から様々な取組を行ってきました。

今回のシンポジウムでは、官と民が共に汗をかきながら取り組む観光地域づくり
の成果をご紹介するとともに、観光圏の取組みによって見えてきた課題や今後の展望、
そして広域連携や意識啓発により創出される独自ブランド、住民が誇れる地域のあるべき姿、
さらには観光地域づくりの中心となる組織について考えました。

八ヶ岳観光圏における広域連携事業の取り組み

八ヶ岳観光圏オリジナル「八ヶ岳アプリ」が登場!

クリックしてアプリ案内ページに!
八ヶ岳観光圏では、平成25年度観光地域ブランド確立支援事業におきまして、「八ヶ岳アプリ」http://www.yatsutabi.netを開発致しました。八ヶ岳観光圏ポータルサイトをベースとして、スマートフォン、タブレットから、お店を検索したり、自分だけの旅行プランを作成したり、旅日記を付けたりすることが出来ます。Facebookやtwitterとも連動していますので、情報をシェアすることもできます。
また、八ヶ岳観光圏内の参加加盟店から発行するクーポン券や、スタンプラリー機能もあるので、チラシやパンフレットを持たなくても、圏域内を楽しめちゃいます。
また、八ヶ岳観光圏ポータルサイトでは、情報の一元化として、宿泊プランの紹介ページも増設いたしました。各宿泊施設のおススメプランや、当日宿泊可能な施設をご案内しています。

お問合せ先は(一社)八ヶ岳ツーリズムマネジメント(TEL: 0551-48-3457)

Googleストリートビューを活用し世界に向けて魅力発信!


八ヶ岳観光圏では、今般観光庁との連携により、全国6観光圏地域としてのご配慮を頂き、Googleトレッカーをお借りし地域の魅力エリアを撮影します。ストリートビューを活用し、世界に向けて魅力発信ができることに感謝いたします。
以下、観光庁6月20日付けのプレスリリース内容です。※官公庁ページはこちら
※資料PDFはこちら【プレス】観光地域振興課.pdf

今般、日本の観光地域の魅力を国内外に広くご紹介するために、Googleの協力のもと、ストリートビュートレッカーパートナープログラムに参加し、全国の6観光圏において選りすぐりの観光地を撮影、ストリートビューにて世界に向けて発信していきます。
 ストリートビュートレッカーパートナープログラムは、ストリートビューの撮影を希望する観光協会、非営利団体、大学、研究機関などにGoogle がバックパック型のストリートビュー撮影機材「トレッカー」を無償で貸出すプログラムです。今回、このプログラムを通じ、全国の6観光圏の協議会メンバー等がトレッカーを背負い、眺望の素晴らしい登山道や日本の原風景が残る集落の小道などを撮影します。
 7月から順次、各観光圏において撮影を開始し、順次公開する運びとなっております。
 世界的に知名度の高いインターネット検索エンジンサービスを提供するGoogleと協力することによって、世界中の旅行者に向けて日本の魅力をよりわかりやすく身近に感じて頂けることが期待されます。

お問合せ先は(一社)八ヶ岳ツーリズムマネジメント(TEL: 0551-48-3457)

八ヶ岳観光圏では、平成25年度観光地域ブランド確立支援事業にて、「八ヶ岳空間マップ」(A4サイズ16ページ)パンフレットを作成致しました。


 八ヶ岳観光圏(山梨県北杜市、長野県富士見町、原村)の自然や歴史・文化等、八ヶ岳ならではの魅力を体感できる過ごし方の提案及び八ヶ岳観光圏の特徴である標高差による立体軸、時間軸等による空間をお客様が容易に見て取れるマップを含むパンフレットとなります。パンフレット作成にあたり、以下の仕様内容にて作成いたしました。
(1)目次は標高をベース
(2)八ヶ岳観光圏コンセプト「1000mの天空リゾート八ヶ岳~澄みきった自分に還る場所~」の記載と本コンセプトを感じることのできる描写。
(3)標高ごとに何があるのか又、標高毎の景観の掲載。
(4)高原リゾート・山岳リゾート(1500m以上)・原風景・人の暮らしの掲載。
  (標高の低い地点は、生活感、暮らし、文化、歴史を中心として掲載)
(5)標高毎に何があって、何が見られるのか。季節毎で何が感じられるのかを掲載。
(6)標高毎の最低・最高気温・平均気温を掲載。(春夏秋冬毎)
(7)マップの掲載。
(8)八ヶ岳の(時期、時間、季節、空間)楽しみ方を掲載。
(9)八ヶ岳にある森、山、田園、暮らしの魅力を感じられる掲載。
(10)3個~4個の体験プランの掲載。
設置場所は、八ヶ岳観光圏内市町村、観光協会、(公財)やまなし観光推進機構、観光案内所、道の駅、主要宿泊、観光施設等に設置し、県内外で開催する観光キャンペーン時にも皆様にご紹介して参ります。
お問合せ先は(一社)八ヶ岳ツーリズムマネジメント(TEL: 0551-48-3457)

■『八ヶ岳ってどんなところ?
~わたしたちのおもてなしブック~』について

八ヶ岳観光圏では、25年度観光地域ブランド確立支援事業で、『八ヶ岳ってどんなところ?~わたしたちのおもてなしブック~』を作成致しました。
観光圏内の小学校4・5・6年生に小学校を通して配付をし、八ヶ岳のこれが日本一!や、地域資源、歴史、恒例イベント、花暦等々…、このエリアの誇れる情報がたくさん詰まっています。圏域内の中学校にも図書館へ設置し、自由に読んでもらえるようになっています。また、後半ページには、自由に自分のお気に入りの場所や食べ物等を書くことが出来るスペースもあり、家族みんなで自分の住んでいるこの八ヶ岳地域について話い合うきっかけになってくれると良いと思います。

■自転車修理部品設置スポットの紹介について


八ヶ岳観光圏では、25年度観光地域ブランド確立支援事業の立ち寄り施設の充実事業と致しまして、自転車修理部品の設置を観光圏内10カ所に設置致します。
近年、圏域内に自転車でいらっしゃる方を多く見かけます。ちょっとした修理部品はご自分でお持ちの場合がほとんどではありますが、持たずにパンクや空気がなくなる等のトラブルもあるかと思います。標高差が約1,000mあるこの圏域において、安心して圏域内を走って頂けるよう、主要な立ち寄り施設10カ所に自転車修理スポット(Bicycle Maintenance Spot)とし、工具セット、空気入れ、スタンド等、簡易的な工具を設置します。誘導の案内板でご案内しますので、ご確認ください。

■設置予定箇所は以下の通りです。

・道の駅こぶちざわ
・道の駅白州
・道の駅南きよさと
・美し森観光案内所
・清里観光案内所
・まきば公園(レストラン)
・三分一湧水館
・明野太陽館
・富士見高原リゾート
・原村観光案内所

平成26年度 観光地域ブランド確立支援事業に八ケ岳観光圏も選ばれました。



(社)八ヶ岳ツーリズムマネジメントは、国土交通省観光庁より全国で10観光圏となる「平成26年度観光地域ブランド確立支援事業」の採択をうけました。
26年度の事業内容は、観光地域づくりに向けての様々なワークショップの開催や、年間を通した八ヶ岳天空博覧会、滞在プログラムモニターツアー、ガイド育成事業、二次交通実証実験運行等、地域の皆さまと連携し実施して参ります。


問い合わせ先
TEL0551-48-3457(社)八ヶ岳ツーリズムマネジメント

八ヶ岳そばと湯めぐりガイドマップについて

八ヶ岳観光圏では、圏域内にあるそば店と温泉施設の自主出版で、「湯めぐり・そば食べ歩きガイド」を制作致しました。

今まで、八ヶ岳新そば祭りや遊湯ラリーとして期間限定では制作してきましたが、年間使用できるガイドマップがあると良い!というお客様からのご要望にお応えし、この度初めて発行いたしました。
観光キャンペーンやイベント時にも配布している他、道の駅、観光案内所、主要観光・宿泊施設、参加そば店、参加温泉施設等で手に入れることが出来ます。
遠方のお客様にはデータにてご確認頂くか、下記(社)八ヶ岳ツーリズムマネジメントまでご連絡を頂ければお送りいたします。
ガイドマップのPDFデータはコチラ


問い合わせ先
TEL0551-48-3457(社)八ヶ岳ツーリズムマネジメント 

おすすめ情報

『白磁の木』をご存知ですか?映画「道-白磁の人-」ロケーション紹介

2012年6月全国にて公開の映画「道-白磁の人-」の冒頭、印象的な草原に生える一本の大木…。これは、山梨県営牧場内にあるヤマナシの木です。5月下旬頃には、小さな白い花を咲かせます。
県営まきば公園駐車場から歩いて15分ほどの八ヶ岳横断歩道から見ることができます。
 八ヶ岳山脈の壮大な牧草地の中に生える一本の大木…まさに「天空リゾート八ヶ岳」を実感できます。
また、同映画の中では、柳宗悦(やなぎむねよし)の書斎や居間として、「ポール・ラッシュ記念センター」が使用されました。


⇒映画「道-白磁の人-」:
山梨県北杜市出身の林業技術者・浅川巧(あさかわたくみ)氏の半生を描いた作品 http://hakujinohito.com/
⇒(財)KEEP協会ポール・ラッシュ記念センター http://www.keep.or.jp/ja/paul/
⇒浅川伯教・巧兄弟資料館 http://hokuto-kyodo.jp/asakawa.html

 

八ケ岳 各施設の最新情報