企業・団体 /北杜市

北杜市

山梨県の北西部に位置し、南には富士山を眺望し、北に八ヶ岳、西に南アルプス、東に瑞牆山、茅ヶ岳と日本有数の山岳景観、そして日照時間に恵まれた地域です。
 平成16年に北巨摩郡明野村、須玉町、高根町、長坂町、大泉村、白州町、武川村が合併し「北杜市」が誕生しました(平成18年に小淵沢町と合併)。そのため市の面積は山梨県で最大の602.8平方キロメートルと東京23区と同じくらいの面積があります。
 また名水百選が3つ(白州・尾白川、八ヶ岳南麓高原湧水群、金峰山・瑞牆山源流)、そしてミネラルウォーターの約3割を生産している水に恵まれた地域です。
 北杜市は、南アルプス国立公園、秩父多摩甲斐国立公園、八ヶ岳中信高原国定公園の山岳アクティヴィティ、山からの水の恵を楽しみ味わう天然水リゾートが広がります。
 日本で最古・最大級の日本三大桜のひとつ山高神代桜や、約60万本のひまわり畑、四季折々の自然の姿と合わせて、“世界に誇る「水の山」”をお楽しみください。

北杜市観光協会

地理
 山梨県は北に八ヶ岳、南に富士山、東に秩父連峰、西に南アルプスを持つ日本を代表する内陸地方です。その北西部に位置する北杜市は、県下最大の総面積602.89km2を有し、八ヶ岳、甲斐駒ヶ岳、瑞牆山(みずがき山)といった日本百名山の高く清らかな大自然の恵みである名水の数々や食物、日本一の日照時間、古来からの町並みや文化などがバランスよくミックスされた一大リゾート地として現在に至っています。

北杜市観光協会 清流と甲斐駒ケ岳エリア

北杜市の南西部に位置する清流と甲斐駒ヶ岳エリアは樹齢約2,000年にもなる「山高神代桜」や「眞原桜並木」 などの桜の名所。
尾白川渓谷などの美しい自然。名水、お米、日本酒、 ウイスキー、ワイン、銘菓など、様々な魅力があります。

八ヶ岳観光圏・観光地域づくりプラットフォーム (一社)八ヶ岳ツーリズムマネジメント

<八ヶ岳観光圏>
八ヶ岳南麓の北杜市、富士見町、原村の3市町村が 観光振興を目的として国から重点地域に指定され、八ヶ岳南麓の観光に貢献する様々な事業を展開しています。

<一般社団法人八ヶ岳ツーリズムマネジメント>
八ヶ岳観光圏の観光地域づくりプラットフォームとして、「住んでよし、訪れてよし」の観光地域作りに取り組んでいます。

清里高原

本州の真ん中、山梨県北杜市・八ヶ岳連峰の南麓に位置する清里(きよさと)。緩やかで圧倒的な広がりの裾野と、変化に富む富士山・南アルプス等3000メートル級の山々とのコントラストが美しい高原です。四季折々に変化する自然やのどかな牧場、森の美術館や各種スポーツ・登山・トレッキングなど、観光だけでなく、アウトドアフィールドとしても魅力いっぱいの清里を紹介しています。

北杜市観光須玉支部

増富温泉やひまわりなど見所が沢山です。

北杜市観光協会小淵沢支部

小淵沢の観光施設・イベントなどの最新情報を発信しています。
日本有数の乗馬の町、八ケ岳南麓の小淵沢町内に点在する観光情報をみなさんにお伝えいたします!