北杜市南アルプスユネスコエコパーク地域連絡会

post img

〒:408-0188
住所:山梨県北杜市須玉町大豆生田961-1
Tel: 0551-42-1351    Fax: 0551-42-5216
URL:
Mail:hkt54@city.hokuto.yamanashi.jp

南アルプスユネスコエコパークの大自然に出会う旅
「自然と人間社会の共生」をコンセプトに、豊かな生態系や生物多様性を保全しながら、持続可能な活用を目指すユネスコエコパークは、海外では「Biosphere Reserve」(生物圏保存地域)」と呼ばれています。2014年6月12日、
スウェーデンで開催された第26回ユネスコMAB計画国際調整理事会において、南アルプスユネスコエコパークが正式に登録承認されました。
 3000m級の山々が雄大に連なる南アルプス。南アルプス国立公園の北端に位置する甲斐駒ヶ岳は、地下でゆっくり冷えて固まったマグマが100万年以上をかけて隆起し続け(現在、世界でもここだけが年間平均4㎜隆起しています)花崗岩が白く輝く独特の山容が誕生しました。南アルプスユネスコエコパークは3県(長野、静岡、山梨)10市町村から成り、日本を代表する素晴らしい山岳景観ち原生的な自然が残る「核心地域」、貴重な動植物の生息地を守りながら研究や教育のためのアウトドアフィールドとして活用する「緩衝地域」、名水がもたらす恩恵を享受し、自然に寄り添う暮らしが脈々と受け継がれている「移行地域」という3つのエリアで構成されています。
 私たち、北杜市南アルプスユネスコエコパーク地域連絡会は、世界に認められた地域の暮らしと地元に誇りを持って、主に移行地域を中心に「自然と人間社会の共生」を軸として活動しています。






#

南アルプスライチョウサポーター養成講座を開催しました。

2月24日(日)、南アルプス自然環境保全活用連携協議会及び南アルプスユネスコエコパーク山梨県連絡協議会の主催による、ライチョウサポーター養成講座が、山梨会場(北杜市武川町 甲斐駒センターせせらぎ)で開催されました。
当日は100名以上の方のご参加をいただき有難うございました。
日本MBA計画委員会事務局、横浜国立大学研究員の若松 伸彦 先生がユネスコエコパークの取り組みについて、ライチョウ研究の第一人者である中村 浩志 先生が、ライチョウの現状について、それぞれ講座を行い、受講者の皆さんは熱心に耳を傾けられていました。
新たなライチョウサポーターの方々に、今後のご活躍に期待が寄せられるところです。