北杜市南アルプスユネスコエコパーク地域連絡会

post img

〒:408-0188
住所:山梨県北杜市須玉町大豆生田961-1
Tel: 0551-42-1351    Fax: 0551-42-5216
Mail:hkt54@city.hokuto.yamanashi.jp

南アルプスユネスコエコパークの大自然に出会う旅
「自然と人間社会の共生」をコンセプトに、豊かな生態系や生物多様性を保全しながら、持続可能な活用を目指すユネスコエコパークは、海外では「Biosphere Reserve」(生物圏保存地域)」と呼ばれています。2014年6月12日、
スウェーデンで開催された第26回ユネスコMAB計画国際調整理事会において、南アルプスユネスコエコパークが正式に登録承認されました。
 3000m級の山々が雄大に連なる南アルプス。南アルプス国立公園の北端に位置する甲斐駒ヶ岳は、地下でゆっくり冷えて固まったマグマが100万年以上をかけて隆起し続け(現在、世界でもここだけが年間平均4㎜隆起しています)花崗岩が白く輝く独特の山容が誕生しました。南アルプスユネスコエコパークは3県(長野、静岡、山梨)10市町村から成り、日本を代表する素晴らしい山岳景観ち原生的な自然が残る「核心地域」、貴重な動植物の生息地を守りながら研究や教育のためのアウトドアフィールドとして活用する「緩衝地域」、名水がもたらす恩恵を享受し、自然に寄り添う暮らしが脈々と受け継がれている「移行地域」という3つのエリアで構成されています。
 私たち、北杜市南アルプスユネスコエコパーク地域連絡会は、世界に認められた地域の暮らしと地元に誇りを持って、主に移行地域を中心に「自然と人間社会の共生」を軸として活動しています。



  • 2019/06/20
  • 11:11 #

    中山周辺にて植物調査を行いました。

    昨年に引き続き、6月16日(日)、17日(月)の2日間にわたり、中山周辺での植物調査と押し葉標本の製作を行いました。
    植物の種類の経年変化や外来種の影響などを調査するものです。
    昨年は秋の調査でしたが、今年は季節を変え、新たな植物も確認することができました。
    また、16日の実地調査では、山梨植物研究会のメンバーによる観察会も並行して開催されました。


  • 2019/06/18
  • 10:18 #

    種子除去マットの整備を行いました。

    6月13日(木)、環境部会では、既に設置してある種子除去マットの整備を実施しました。
    整備したのは、日向山の矢立石登山口と甲斐駒ヶ岳の横手登山口の2箇所です。
    北杜市の南アルプスへの主な登山口には、緩衝地域、核心地域の生態系保全活動の一環として、登山者の靴から外来植物の種子が侵入するのを防ぐ種子除去マットを設置しています。

    ◀横手登山口での整備の様子


  • 2019/06/07
  • 14:52 #

    動植物生態系調査報告会を開催しました。

    5月30日(木)、甲斐駒センターせせらぎ(北杜市武川町)で、北杜市南アルプスユネスコエコパーク地域連絡会の総会を開催しました。
    総会終了後、昨年行った動植物生態系調査の報告会を実施しました。
    この報告会は、河川での水生生物調査3回、中山周辺での動植物調査2回の計5回を総括するもので、昨年の成果としては、調査方法を学ぶとともに、水生生物56種、草本類30種を記録し、図鑑形式のリーフレットにまとめたことです。
    この生き物調査は、移行地域の自然環境を見守り、伝えていく地域主体の活動として、今後も継続していく予定です。


  • 2019/04/08
  • 15:02 #

    第48回信玄公まつり 狼煙リレー

    4月6日(土)、信玄公まつりが開催される中、狼煙リレーが行われました。
    今年は、長野県の富士見高原から始まり、山梨県の北杜市、韮崎市、甲斐市、甲府市へと狼煙を繋ぎ、最終舞鶴城へと届きました。
    北杜市南アルプスユネスコエコパーク地域連絡会では、白州町の中山展望台、明野町のハイジの村クララ館展望デッキで狼煙上げを実施しました。

    ←狼煙上げの様子(北杜市白州町 中山展望台)


  • 2019/04/01
  • 16:16 #

    今年も狼煙を上げます。

    中世の頃、重要な伝達手段として使用されていた「狼煙」。
    第48回信玄公まつりにあわせて、今年も狼煙リレーを繋ぎます!
    北杜市南アルプスユネスコエコパーク地域連絡会では、狼煙上げを白州町台ヶ原の中山展望台と明野町浅尾のハイジの村太陽館展望台の2箇所で行います。
    是非見学にお越しください。

    狼煙上げ実施内容 
    平成31年4月6日(土)
    12時40分頃 中山展望台
    12時45分頃 ハイジの村太陽館展望台


  • 2019/03/25
  • 10:24 #

    今年度2回目の植樹を行いました。

    3月19日(火)に、中山展望台周辺にて植樹活動を行いました。
    中山での植樹は、昨年6月に実施したときと同様に、中山の植生に合ったミツバツツジとヤマツツジ計100本を植えました。
    昨年植樹した苗も順調に生育しており、開花期が楽しみです。
    中山がツツジの山として多くの方に親しまれるよう、今後も植樹を継続していきます。


  • 2019/03/06
  • 11:56 #

    南アルプスユネスコエコパークフェアが開催されました。

    南アルプス自然環境保全活用連携協議会と公益財団法人イオン環境財団による「南アルプスユネスコエコパークフェア」が、3月2日(土)・3日(日)にイオンモール甲府昭和・1階さくら広場で開催され、多くのお客様のご参加をいただきました。
    南アルプスユネスコエコパークを構成する10市町村により、パネル展示やステージイベント、ワークショップ、特産品販売などが行われ、地域の魅力や伝統芸能などが披露されました。
    北杜市からは、ステージイベントとして、保存会の皆さんによる「虎頭の舞」が披露され、また、北杜市の高校生と地元事業者とがコラボして開発した、地元食材を活かした商品の販売も行われました。


  • 2019/03/01
  • 08:43 #

    南アルプスライチョウサポーター養成講座を開催しました。

    2月24日(日)、南アルプス自然環境保全活用連携協議会及び南アルプスユネスコエコパーク山梨県連絡協議会の主催による、ライチョウサポーター養成講座が、山梨会場(北杜市武川町 甲斐駒センターせせらぎ)で開催されました。
    当日は100名以上の方のご参加をいただき有難うございました。
    日本MBA計画委員会事務局、横浜国立大学研究員の若松 伸彦 先生がユネスコエコパークの取り組みについて、ライチョウ研究の第一人者である中村 浩志 先生が、ライチョウの現状について、それぞれ講座を行い、受講者の皆さんは熱心に耳を傾けられていました。
    新たなライチョウサポーターの方々に、今後のご活躍に期待が寄せられるところです。


  • 2019/02/28
  • 08:52 #

    南アルプスユネスコエコパークフェアを開催いたします!

    南アルプス自然環境保全活用連携協議会と公益財団法人イオン環境財団による「南アルプスユネスコエコパークフェア」が、3月2日(土)・3日(日)
    にイオンモール甲府昭和で開催されます。
    当日は、開会セレモニー、ステージイベント、ワークショップ、パネル展示、
    特産品販売などが行われます。
    北杜市からは「虎頭の舞」の演舞や北杜高校の生徒たちと市内の企業により
    開発した、地元食材を使用した新商品も登場します!
    是非足をお運びください。

    開催日:3月2日(土)~3月3日(日)
    時 間:午前10時~午後5時
    場 所:イオンモール甲府昭和 1階 さくら広場


  • 2019/02/21
  • 09:14 #

    民謡を楽しみ、地域の伝承行事に学ぶ会を開催しました。

    2月17日(日)、今年も「民謡を楽しみ、地域の伝承行事に学ぶ会」を甲斐駒センターせせらぎで開催しました。
    今年は、この地域に古くから伝わる民話と白州下教来石の伝統行事、獅子舞と道祖神祭りをご紹介するとともに、ユネスコエコパーク案内人による学習講座も行いました。
    獅子舞と道祖神祭り(無形文化財)は、保存会の皆さんによる舞いが披露され、お祭りの様子はスライドでご紹介されました。
    この地域に伝わる歴史や文化を次世代に継承するため、このような取り組みを今後も継続してまいります。



近くの店舗のクーポン