北杜市南アルプスユネスコエコパーク地域連絡会

post img

〒:408-0188
住所:山梨県北杜市須玉町大豆生田961-1
Tel: 0551-42-1351    Fax: 0551-42-5216
Mail:hkt54@city.hokuto.yamanashi.jp

南アルプスユネスコエコパークの大自然に出会う旅
「自然と人間社会の共生」をコンセプトに、豊かな生態系や生物多様性を保全しながら、持続可能な活用を目指すユネスコエコパークは、海外では「Biosphere Reserve」(生物圏保存地域)」と呼ばれています。2014年6月12日、
スウェーデンで開催された第26回ユネスコMAB計画国際調整理事会において、南アルプスユネスコエコパークが正式に登録承認されました。
 3000m級の山々が雄大に連なる南アルプス。南アルプス国立公園の北端に位置する甲斐駒ヶ岳は、地下でゆっくり冷えて固まったマグマが100万年以上をかけて隆起し続け(現在、世界でもここだけが年間平均4㎜隆起しています)花崗岩が白く輝く独特の山容が誕生しました。南アルプスユネスコエコパークは3県(長野、静岡、山梨)10市町村から成り、日本を代表する素晴らしい山岳景観ち原生的な自然が残る「核心地域」、貴重な動植物の生息地を守りながら研究や教育のためのアウトドアフィールドとして活用する「緩衝地域」、名水がもたらす恩恵を享受し、自然に寄り添う暮らしが脈々と受け継がれている「移行地域」という3つのエリアで構成されています。
 私たち、北杜市南アルプスユネスコエコパーク地域連絡会は、世界に認められた地域の暮らしと地元に誇りを持って、主に移行地域を中心に「自然と人間社会の共生」を軸として活動しています。



  • 2018/11/07
  • 11:19 #

    アンケート調査にご協力ありがとうございした。

    11月4日(日)に「道の駅はくしゅう」にて、今年度2回目の来訪者を対象としたアンケート調査を実施しました。
    当日は、短時間に大勢の方にご協力をいただきました。
    調査の結果は、来訪者の満足度の向上に役立てていきたいと思います。
    ご協力有難うございました。


  • 2018/11/06
  • 08:48 #

    白山ユネスコエコパークに学ぶ。

    10月31日(木)、白山ユネスコエコパークを訪ねてきました。
    白山エリアは、1980年にユネスコエコパークに登録され、霊峰白山をシンボルとして、ひと・自然・歴史文化の調和と共存に根ざした様々な先進的な取り組みを行っています。
    白峰重要伝統的建造物保存地区や一里野温泉スキー場などを訪れ、活力ある持続可能な地域運営の事例を学ぶことが出来ました。
    今後も地域間の交流を図り、南アルプスの事業活動に活かしていきたいと思います。


  • 2018/11/05
  • 15:53 #

    名水まつり ご来場ありがとうございました。

    10月28日(日)に開催された「第30回北杜市甲斐駒の里 名水まつり」に出展しました。
    当日は秋晴れの下、展示ブースでは、ユネスコエコパークの魅力や地域連絡会の活動をご紹介するとともに、エコパークエリアのクイズや名水の試飲を行い、大勢のご参加をいただくことができました。
     ご来場ありがとうございました。


  • 2018/11/01
  • 18:01 #

    長野会場!南アルプスライチョウサポーター養成講座を開催します!

    国の特別天然記念物「ライチョウ」は、氷期の遺存種とされ、南アルプスが世界南限の生息地とされていますが、近年その数を急激に減らしています。
    この絶滅が心配されるライチョウのことを、多くの方に知っていただき、また、サポートしていただくために、
    長野県や、伊那市を含む南アルプス周辺の10市町村で構成する南アルプス自然保全活用連携協議会では、ライチョウサポーター制度を創設し、サポーターの養成を行っています。
    今回は、長野県富士見町での開催となります。また、今回の養成講座で最後となりますので、ご興味のある方はぜひお越しください。
    ※なお、山梨会場の開催は、平成31年2月に北杜市で開催を予定しています。

    日時:平成30年12月2日(日曜)午後1時30分から午後4時まで(午後1時から受付開始)
    会場:富士見グリーンカルチャーセンター(長野県諏訪郡富士見町落合10057番地1)
    参加料:無料
    定員:120名程度
    詳細は、チラシをご覧ください。


  • 2018/10/23
  • 14:31 #

    中山にて植物相調査を行いました。

    10月18日(木)、北杜市の動植物生態系調査の一環として、中山周辺2箇所で植物相調査を実施しました。中山は、ユネスコエコパークエリア内の里山で、大武川、尾白川、釜無川に挟まれた独立峰のため、特徴的な植生が見られる場所でもあります。植物の種類の経年変化や外来種の影響などを確認するために、今後も定期的な調査を継続していく予定です。
    この日確認した植物については、押し葉標本の作製も行いました。


  • 2018/10/17
  • 17:29 #

    今年で第30回! 名水まつりに出展します。

    今年も北杜市甲斐駒の里名水まつりに出展します。
    30回を迎える今年の名水まつりでは、特産品の販売、各種芸能ショー、フランス食文化交流会など様々な催し物が予定されています。
    北杜市南アルプスユネスコエコパーク地域連絡会のブースでは、ユネスコエコパークの展示やクイズ、名水の試飲などを行います。
    是非お立ち寄りください。

    開催日 平成30年10月28日(日)
    時 間 午前9時~午後2時30分
    会 場 北杜市白州総合運動場


  • 2018/10/02
  • 21:08 #

    ユネスコエコーパークを、もっと身近に。

    ライチョウのこと。地質のこと。ユネスコエコーパークからの地域づくりのことなど、専門家の目線から親しみやすくおはなしをいただきます。
    北杜市会場の開催概要は次のとおりです。

    開催日 平成30年10月21日(日)
    時 間 午後1時00分 開場・受付 
        午後1時30分 開始
    場 所 甲斐駒センターせせらぎ ホール
    参加費 無料
    概 要 「南アルプスユネスコエコパークからの地域づくり」花岡利幸(山梨大学名誉教授)
        「南アルプスのライチョウの生態と保護対策について」村山力(やまなし野鳥の会理事)


  • 2018/08/31
  • 15:19 #

    あなたにとって、南アルプスの魅力とは何ですか?

    8月26日(日)に「道の駅はくしゅう」にて、来訪者を対象としたアンケート調査を実施しました。
    アンケートでは、来訪者のご旅行のこと、ユネスコエコパークの認知度、南アルプスの魅力などを調査しました。調査結果は、北杜市南アルプスユネスコエコパークエリアである白州町・武川町の魅力を多くの皆様に感じていただくために、今後の取組みに活かしていきたいと思います。
    当日は暑い中、ご協力をいただき有難うございました。
    次回のアンケート調査は、同じ場所で11月4日(日)に予定しています。


  • 2018/08/21
  • 13:09 #

    外来植物?それって何?

    8月20日(月)に「フレンドパークむかわ」(武川町柳沢)にて、地域連絡会の文化・教育部会、環境部会の共催で“外来植物講座”を開催しました。
    講座には、山梨県植物研究会の桜井八州彦さんを講師にお迎えし、身近にある外来植物について、その種類・特徴や侵入の経緯を学びました。
    普段見慣れた植物が、意外にも外来種であることに驚かされ、集まった方々も熱心に講師のお話に耳を傾けていました。
    南アルプスユネスコエコパーク内の生物多様性を守るため、今後多くの住民に外来種について知っていただき、またその駆除活動が欠かせない課題です。


  • 2018/08/16
  • 14:29 #

    今年も、甲斐駒エリアふるさと祭りに出展しました。

    8月14日(火)に開催された「第14回北杜市甲斐駒エリアふるさと祭りinむかわ」に出展しました。
     甲斐駒エリアふるさと祭りは、多彩な催しが開催され、模擬店の出展や花火も打ち上げられる武川町の定番のお祭りです。
     展示ブースでは、ユネスコエコパークの魅力を知っていただけるよう、大武川に生育するカジカや水生生物の展示、地域の自然環境を学べるクイズなどを行い、大人から子供まで多くの方々に楽しんでいただきました。
     ご来場ありがとうございました。



近くの店舗のクーポン