平山郁夫シルクロード美術館

post img

〒:408-0031
住所:山梨県北杜市長坂町小荒間2000-6
Tel: 0551-32-0225    Fax: 0551-32-0226
URL: http://www.silkroad-museum.jp/
Mail:s-matsuyama@silkroad-museum.jp

平山郁夫シルクロード美術館
日本画家平山郁夫の絵画と夫妻が集めた9,000点の美術品を順次展示する美術館。奥様に縁があり八ケ岳南麓に2004年に開館。JR甲斐小泉駅前にあり、レストランやカフェも併設している。小中学生無料だけでなく、教育関係団体の利用時には免除申請書による減額制度もある(HPよりダウンロードできます)。


  • 2017/02/22
  • 15:09 #

    3/11~ 企画展 『平山郁夫 出雲路古代幻想』 開催!

    JR甲斐小泉駅前にある平山郁夫シルクロード美術館では、2017春展として、「平山郁夫 出雲路古代幻想」展を開催致します。
    平山郁夫は「シルクロードの画家」として広く知られていますが、平成に入る頃から、日本の風景をテーマにした作品も数多く制作しています。特に日本中のさまざま街道を訪ね描いた「路」のシリーズは、吉備路、熊野路、讃岐路など、失われゆく日本の美しい自然や歴史を描き残そうとした人気の連作です。なかでも、今回特集する「出雲路」の連作では、当館所蔵の「八雲立つ 出雲路古代幻想」という大作も誕生しました。本展では、この大作が生まれる背景となった「出雲路」のスケッチや素描を軸として、平山郁夫が描き出したみずみずしい日本の風景や、いにしえの日本を描いた作品の数々をご紹介いたします。
    ・開催期間:2017年3月11日(土)~7月19日(水)
    ・休館日:会期中無休
    ・開館時間:10時~17時(最終入館は16時半)
    ・入館料:一般1,200円/高・大学生800円/小中学生以下無料
    ・HP-URL:http://www.silkroad-museum.jp/


  • 2015/01/06
  • #

    【冬の八ヶ岳天空博覧会】『いにしえの煌き―シルクロードの装身具たち』

    ~開館10周年記念特別展 第2弾「いにしえの煌き―シルクロードの装身具たち」~

    平山郁夫の没後5年にあたる今年、当館は開館10周年を迎え、この秋・冬季は開館10周年記念展第2弾として、「いにしえの煌めき シルクロードの装身具たち」を開催。本展ではシルクロードの輝きを、当館所蔵の金工品やガラス、ジュエリーなどの装身具ほか関連資料約250 点でご紹介。

    営業時間内随時料金:一般:1,200円・高大生:800円・小中学生無料

    【クーポン】クーポン提示で200円引き
    【スタンプラリー参加】
    バリアフリー対応:有


  • #

    【秋の八ヶ岳天空博覧会】『いにしえの煌き』展

    【スタンプラリー参加】
    【クーポン(入館料200円引き(一般・高大生)】
    開館10周年記念特別企画 第2弾 『いにしえの煌き』展。王侯や貴人たちの身を飾っていた装身具を、平山絵画と共に紹介。【10/11~3/16】


  • 2012/09/24
  • バリ島の古典曲と古典舞踊 《ガムランコンサート》を開催!

    “神々の島”バリ島。
     そこのNo,1ガムラン集団「WBスダマニ」からダンサーが来日!
     神秘的な民族楽器の演奏と、伝統的な舞踊をお楽しみ下さい。
     ◆日時:10月6日(土)①11時~、②13時~、③15時~(各回45分)
     ◆場所:平山郁夫シルクロード美術館 らくだ公園(屋上)
     ◆料金:無料
     ◆奏者:WBスダマニ(バリ島/4名)、ウロツテノヤ子(8名)

    《WBスダマニ》
    寺院の儀式や宗教行事にガムラン演奏を奉納することを主軸として
    活躍伝統的な古典演目を各地からの師匠を招き、復興する一方で、
    バリ島内や諸外国からの振り付け師や作曲家による新しい作品の
    共同制作や共演を行っています。


  • 2011/07/18
  • * 夏季企画展案内 *

    展覧会
    【平山郁夫 文明の十字路を往く-最後の大シルクロード・シリーズ】

    平山郁夫最晩年の傑作「文明の十字路を往く カッパドキア アナトリア
    高原 トルコ」をはじめ、昨年夏、日本とトルコの友好120周年を記念し
    開催された「平山郁夫展(イスタンブール・ペラ美術館)出品作を中心
    にトルコの風景・人物画などを展示しています。

     ●期間:2011年6月3日-10月24日(月)
     ●開館時間:午前10時-午後5時(入館は午後4時半まで)
     ●入館料:一般/1,200円、高・大学生/800円、小・中学生無料

    イスタンブール展のために準備されていた本邦未公開作品4点を含む素描
    作品、スケッチブックに加え、没後アトリエから見つかった下図など約
    40点を展示。
    平山郁夫のシルクロード世界を存分にお楽しみいただけます。


  • 2010/10/24
  • 講演会・イベントのお知らせ

    ①講演会―古代ペルシア王朝の興亡―
     講師:津村眞輝子(古代オリエント博物館 研究員)
     日時:10月31日(日) 午後1時~2時20分
     参加費:申し込み不要・聴講無料(ただし入館券が必要です)
    ②ペルシア書道一日体験―自分の名前を書いてみよう―
     講師:角田ひさ子(ペルシア書道家)
     日時:10月31日(日) 午後2時30分~4時
     料金:500円
     人数:最大20名まで (※事前にお申し込みが必要です)
     持ち物:なし

    ご予約・お問合せは平山郁夫シルクロード美術館まで
    Tel.0551-32-0225



近くの店舗のクーポン