津田直写真展 湖の目と山の皿

post img

これまで国内はもとより、モロッコの砂漠やモンゴルの山峡、アイルランドの島嶼、北極 圏、バルトの国々など世界を旅し、独自の風景論を唱えてきた写真家・津田直。それは「消 えゆくものを、写真を通して繋ぎとめる」ための道程でもあったと自ら語るように、デビュー 以来 20 年に亘り展覧会や写真集の刊行を中心に活動を続けてきました。 本展では、津田が 9 年前から日本の基層文化を見つめ直すため、始めたという縄文歩き の過程で出会った縄文時代の遺物や風景を撮影した「Grassland Tears(草むらの涙)」シリ ーズより、とくに八ヶ岳山麓、及び諏訪湖周縁を中心とした写真、約 30 点を展示するほか、 これまで雑誌『PAPERSKY』にて連載を行なってきた「Jomon Fieldwork」よりパネル展示を 行います。

<開催概要>
期 間:2019年9月21日(土)~11月24日(日)
時 間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
場 所:八ヶ岳美術館(原村歴史民俗資料館)
入館料:大人510円/小人250円

津田直
1976年神戸生まれ。世界を旅し、ファインダーを通して古代より綿々と続く、人と自然との関わりを翻訳し続けている。文化の古層が我々に示唆する世界を見出すため、見えない時間に目を向ける。2001年より多数の展覧会を中心に活動。2010年、芸術選奨新人賞美術部門受賞。大阪芸術大学客員教授。主な作品集に『SMOKE LINE』、『Storm Last Night』(共に赤々舎)、『SAMELAND』(limArt)、『Elnias Forest』(handpicked)がある。雑誌『PAPERSKY』にて縄文をテーマにした「Jomon Fieldwork」を 2011年より連載中。



開催場所:八ヶ岳美術館(原村歴史民俗資料館)
開催日時:20190921
問合せ先:八ヶ岳美術館
TelNo:0266-74-2701
Mail: yatsubi1@po19.lcv.ne.jp
URL: https://yatsubi.com/exhibition/article-next.php?post_id=2804