北杜市南アルプスユネスコエコパーク地域連絡会

post img

〒:408-0188
住所:山梨県北杜市須玉町大豆生田961-1
Tel: 0551-42-1351    Fax: 0551-42-5216
Mail:hkt54@city.hokuto.yamanashi.jp

南アルプスユネスコエコパークの大自然に出会う旅
「自然と人間社会の共生」をコンセプトに、豊かな生態系や生物多様性を保全しながら、持続可能な活用を目指すユネスコエコパークは、海外では「Biosphere Reserve」(生物圏保存地域)」と呼ばれています。2014年6月12日、
スウェーデンで開催された第26回ユネスコMAB計画国際調整理事会において、南アルプスユネスコエコパークが正式に登録承認されました。
 3000m級の山々が雄大に連なる南アルプス。南アルプス国立公園の北端に位置する甲斐駒ヶ岳は、地下でゆっくり冷えて固まったマグマが100万年以上をかけて隆起し続け(現在、世界でもここだけが年間平均4㎜隆起しています)花崗岩が白く輝く独特の山容が誕生しました。南アルプスユネスコエコパークは3県(長野、静岡、山梨)10市町村から成り、日本を代表する素晴らしい山岳景観ち原生的な自然が残る「核心地域」、貴重な動植物の生息地を守りながら研究や教育のためのアウトドアフィールドとして活用する「緩衝地域」、名水がもたらす恩恵を享受し、自然に寄り添う暮らしが脈々と受け継がれている「移行地域」という3つのエリアで構成されています。
 私たち、北杜市南アルプスユネスコエコパーク地域連絡会は、世界に認められた地域の暮らしと地元に誇りを持って、主に移行地域を中心に「自然と人間社会の共生」を軸として活動しています。



  • 2018/02/20
  • 18:18 #

    ポスターセッションに参加します!

    平成30年3月4日(日)、北杜市の八ヶ岳やまびこホールにおいて、「ほほえみふぉーらむ2018」を開催します。
    このイベントは、北杜市男女共同参画推進委員会が主催し、市の男女共同参画推進施策の一環として2年に一度開催しています。
    今回は、「支えあい、男女がともに築くまち」をテーマに、講演会やワークショップを、地域の多数の団体が参加し行われます。
    講演会は、今、若い女性に人気の春風亭鹿の子さんのお話です!
    北杜市南アルプスユネスコエコパーク地域連絡会では、ポスターセッションに参加し、日ごろの活動を紹介します。
    多くの皆さまのご来場をお待ちしています!


  • 2018/01/26
  • 15:47 #

    今年もやります!民踊、民話を楽しむ会

    古くから地域に伝わる民踊や民話を次世代へと継承するため、民踊、民話を楽しむ会を開催します。
    地域に住む方にご出演いただき、甲州弁で語る民話はとてもおもしろく、聞き入ってしまいます。民踊は、日ごろから練習を重ね、地域でも活躍する舞踊部のみなさんの披露です。
    また今年は、南アルプス学講座と合同開催します!地域を学び、楽しめる大変良い機会です。多くの皆様のご来場をお待ちしております。


  • 2017/12/04
  • 14:21

    【締切ました】南アルプスライチョウサポーター養成講座

    平成29年12月9日、韮崎市民交流センター「ニコリ」で開催されます、南アルプスライチョウサポーター養成講座には、多数の申し込みをいただきありがとうございます。定員に達しましたので、受付を終了といたします。次回の開催をお楽しみに。


  • 2017/11/17
  • 14:16 #

    南アルプスライチョウサポーター養成講座

    表題の件につきまして、紹介いたします。画像はチラシを添付したものですが、内容は下記のとおりです。

    【表】南アルプスライチョウサポーターになるには
     裏面に記載されている養成講座を受講していただくと、受講者には認定証とハンドブック、ピンバッジを差し上げます。受講者を「南アルプスライチョウサポーター」に認定し、南アルプスにおける登山の際、
    ライチョウの目撃情報をお寄せいただきます。

    【裏】サポーター養成講座
    日    時:平成29年12月9日(土)午後1時30分~午後4時30分(予定)
    会    場:韮崎市民交流センター ニコリ1階会議室 〒407-0015 山梨県韮崎市若宮1-2-50 TEL 0551-22-1121
    講 座 内 容:○南アルプスのライチョウの現状について 中村浩志先生 信州大学名誉教授 一般社団法人中村浩志国際鳥類研究所代表理事
           ○ユネスコエコパークの取り組みについて 若松伸彦先生 横浜国立大学研究員 日本MAB計画委員会事務局
           ○受講後の取り組みについて・・・事務局
    受  講  料:無料
    定    員:50名程度
    お問い合わせ:南アルプスユネスコエコパーク山梨県連絡協議会構成市町↓
    お申し込み先:(FAXまたはお電話で下記市町へ申し込みください)
           韮崎市商工観光課 観光担当 FAX 0551-23-1215 TEL 0551-22-1111(内線213/214)
           南アルプス市役所観光商工課 ユネスコエコパーク推進担当 FAX 055-282-6279 TEL 055-282-7261
           北杜市役所観光課 観光振興担当 FAX 0551-42-5216 TEL 0551-42-1351
           早川町役場振興課 FAX 0556-45-2523 TEL 0556-45-2516
    主    催:南アルプス自然環境保全活用連携協議会
           南アルプスユネスコエコパーク山梨県連絡協議会


  • 2017/11/06
  • 09:54 #

    第29回北杜市甲斐駒の里名水まつりに出店しました。

    さわやかな秋晴れの中、多くの来場者のもと第29回名水まつりが開催されました。名水や甲斐駒エリアから生まれる農産物や加工品などを、味わい楽しむことができるイベントです。当地域連絡会では、高根中学校の学生が考えた「南アルプスユネスコエコパーククイズ」コーナーと、様々な名水を飲み比べすることができる試飲コーナーを運営しました。
    クイズコーナーでは、ユネスコエコパークエリアの情報を楽しく知ることができる良い機会となりました。また、試飲コーナーでは、おいしい水を再認識でき、地域が誇る名水を体感していただくことができました。


  • 2017/09/12
  • 11:42 #

    中山の環境整備を行いました。

    南アルプスユネスコエコパーク地域連絡会と武川町の柳沢史跡保存会のメンバー約30名で、中山の登山道整備や草刈りを実施しました。
    中山は、白州町と武川町にまたがる標高887mの小高い山で、武田信玄公がのろし場として利用した歴史ある山でもあります。
    地域にある身近な山です。登山口から山頂までは、およそ30分で登ることができます。山に登る装備を整えた上で、秋の中山を楽しんでみてはいかがでしょうか。
    登山口は、パンフレット「北杜物語」の地図C-4、または北杜市役所観光課(0551-42-1351)にお問い合わせください。


  • 2017/08/17
  • 15:20 #

    環境保全、登山マナーの啓発活動を行いました。

    8月11日(金)の山の日に合わせて、北杜市南アルプスユネスコエコパーク地域連絡会ツーリズム部会メンバーを中心に、日向山登山道や精進ヶ滝入口などで、環境保全や登山マナーの啓発を活動を行いました。
    登山者に、安全に登山していただくためには、入山前の計画や準備がとても重要です。また、気持ちよく登山していただくために、ごみの持ち帰りや動植物の保護などのルールを守ることも大切です。
    ひとりひとりが、南アルプスの豊かな自然環境をしっかりと守っていきましょう!


  • 2017/08/01
  • 14:52 #

    水生生物の調査を行いました。

    全国の河川を対象に実施している水生生物調査を、南アルプスユネスコエコパークエリア内の河川で実施しました。
    カジカやハヤの魚類のほか、カワゲラやカゲロウ、ヘビトンボといった、水生昆虫の生息が確認できました。調査の結果、きれいな水に生息する生物であることが分かりました。


  • 14:39 #

    「カジカ」展示しています。

    北杜市白州町の「道の駅はくしゅう」で、美しい清流の代表魚である「カジカ」を展示しています。
    夏休みの自由研究や、絵日記などのテーマにいかがでしょうか。また、来場記念のスタンプカードとスタンプを設置しています。多くの方のご来場をお待ちしています。
    カジカは、強い流れがないと生きられず、イワナやヤマメと違い養殖することが難しい魚です。カジカの放流は行っておらず、ここ、南アルプスユネスコエコパークエリアの川には、今もなお自然まま生き続けています。
    カジカが生息していることは、清流の里であることの証です。
    今後も、南アルプスユネスコエコパーク(生物圏保存地域)の保全と持続可能な利活用に取り組んでいきます。


  • 2017/07/06
  • 16:02 #

    甲斐駒ヶ岳旧五合目小屋跡周辺植生回復作業

    去る平成29年6月29日(木)心配していた雨に降られることもなく、総勢18名で、甲斐駒ヶ岳の五合目で作業を行いました。昨年、一昨年と行っていた清掃登山ですが、ゴミを除去した箇所の植生の回復を願って、肥料なし、種子なしの植生マットを設置し、マットに種が付くことを想定して周辺の土を集めてマットの上に被せました。植生を変えてしまうことなく植生の回復を図り、環境保全活動の一環として、山梨県山岳連盟、スリーピークス八ヶ岳の皆様の協力を得て、無事に作業を終えることができました。今後長い年月を掛けて植生が回復していくと思います。どのようになっていくのか、楽しみです。



北杜市/観光名所

近くの店舗のクーポン