一般財団法人アフリカンアートミュージアム

post img

〒:408-0036
住所:山梨県北杜市長坂町中丸1712-7
Tel: 0551-45-8111    Fax:
URL: http://www.africanartmuseum.jp
Mail:africanartmuseum2010@gmail.com

一般財団法人アフリカンアートミュージアム
紀元前から現代までのアフリカの美術を紹介する、日本で唯一の美術館。年に3回の企画展と毎月の展示替えをしています。収蔵点数2200点。アフリカの美術の他にオセアニア、インドネシア、アジア、フィリピン、ヒマラヤや台湾などの少数民族の美術も収蔵しています。ピカソやマチスが影響を受けた美術に出会ってみませんか。


  • 2021/04/19
  • 12:30 #

    作品紹介:雌牛のマスク「グノハラ」

    当館で開催している「アフリカ美術の真髄 I ・前期展」に出展している作品のご紹介。

    雌牛のマスク「グノハラ」
    ギニアビサウ ビジョゴ 木に着彩、角、革、ガラス、ビニール紐 
    “Gn’opara” buffalo mask Guinea-Bissau, Bidjogo

    ビジョゴはギニアビサウの海寄りに住む民族で、大きなカヌーを使用していたという。牛を象徴した彫刻はマスクのほかにカヌーの飾りにも用いられた。いずれもアフリカでは珍しい写実的な表現方法である。また、マスクには、ノコギリザメやメカジキのような魚類を表現したものもある。ビジョゴには年齢階級による男子の結社があり、雄牛のマスクは成人への通過儀礼や仮面ダンスに使われた。牛のマスクには四つの種類があり、これは、「グノハラ」と呼ばれる大きなヘルメット形マスクで、薮の中に潜んでいる雌牛を表している。


  • 2021/04/16
  • 11:03 #

    穏やかなストーブのひかり

    八ヶ岳南麓は曇りです。

    山の天気と言っても良いような、太陽が顔を出すと真青な美しい空となり、
    ぽかぽかと暖かく、春の陽気になります。

    本日もやや肌寒い館内では今年から導入したストーブの穏やかな温かさが心地良く、
    アフリカの椅子に座ってゆっくりしていただけます。

    まだまだ、大活躍しそうな予感がします。


  • 2021/04/13
  • 10:51 #

    枝垂れ桜の幹

    太陽の出ていない八ヶ岳南麓はせっかくしまったダウンをもう一度、出したくなるような肌寒い陽気です。
    甲斐駒ヶ岳もすっかり隠れています。

    ミュージアムガーデンにある、八重の紅枝垂れ桜の花も少しづつ散り始め、
    もう終わりかな〜と思っていたら、曲がりくねった幹が何とも美しいフォルムをしています。
    自然が作り出す形には、生きる力や精神性を感じますね。
    アフリカンアートも民族の生きるための願いが込められている形ですので、
    似ています。


    ・本日と水曜日は休館日です。
    ・G.Wは毎日開館します。
    ・7月・8月も毎日開館します。


  • 2021/04/10
  • 21:37 #

    かわいらしい原種のチューリップ

    春の陽気と思っていたのに、今朝はずいぶん冷えましたね。
    アフリカンアートミュージアムのお庭では、かわいらしい小さなお花が咲いています。

    ポール・スミザーさんのランドスケープデザイン事務所である、
    ガーデンルームスさんから頂いた原種チューリップの球根が無事お花を咲かせました。

    こちらの黄色い原種のチューリップは「トルケスタニカ」と呼ばれており、
    一般的なチューリップと違いとても耐寒性や病気にも強く、3年間咲き続けてくれるそうです。

    小鳥がさえずるような姿が元気をくれます!


  • 2021/04/09
  • 16:07 #

    Museumshop: ころころボルガバスケット入荷しました!

    大人気ころころしたフォルムのかわいらしいブルキナファソのバスケットがミュージアムショップに入荷しました!

    ボルガバスケットたちが良い気持ちで日光浴しています。
    ピクニックやマルシェにお買物、インテリア、毎日の暮らしのおしゃれ、
    ちょっとそこまで行ってこよが楽しくなるポチャっとかわいらしいお品です。

    このバスケットはアフリカ ガーナのボルガ地方(正式名ボルガタンガ)でひとつひとつ手作りされています。
    世界的には生産地の名前をとってボルガバスケットと呼ばれています。
    日本では、持ち手の革をブルキナファソで巻いて作っているため、
    ブルキナファソバスケットと呼ばれています。

    遠く離れた国 ガーナから旅して来た手作りのボルガバスケットをつれて、
    ピクニックに行きたくなりませんか?


  • 2021/04/04
  • 21:28 #

    八重の紅枝垂れ桜

    八ヶ岳南麓は少し肌寒いような陽気です。

    当館の八重の紅枝垂れ桜が満開に近づいてきました!
    桜の中では、遅い開花の枝垂れ桜も、今年は例年よりも2週間早い開花です。

    一際、濃いピンクの花弁が風にそよいで美しいです。

    雪にような白い石たちと真っ青な八ヶ岳南麓の空、
    満開が待ち遠しいです。

    お散歩がてら観にいらしてくださいね。


  • 2021/04/02
  • 16:32 #

    わくわく・どろどろ蓮の植え替え

    当館には蓮の鉢が14個ほどあります。
    本日は例年より2週間ほど早く、蓮の植え替え作業をしています。

    荒木田土を混ぜ混ぜして、どろどろです!鉢を一度、池から取り出して中の蓮を取り出します。それから、ぐるぐるに巻いている蓮の根をゆっくり取り外していき、大きいサイズで既に芽を出しているものだけを残します。新しく肥料と荒木田土を混ぜて植え替え用の鉢を準備し、昨年の鉢から、もちろん使えそうな土も混ぜ入れます。そこに選んだ大きめの蓮根から順に植えます。

    これをすることで、7月頃には生き生きとした大きな葉、優美なお花を期待できます!

    本日は救世主eel_dogさんがお手伝いくださいました。


  • 2021/04/01
  • 12:08 #

    本日より「開館10周年記念 アフリカ美術の真髄 I 」

    開館10周年記念 アフリカ美術の真髄 I

    2021年4月1日〜5月10日(前期展)では、ガーナ、ギニア、コートジボワール、シエラリオネ、マリのさまざまな民族を中心に、数百年の間に淘汰された、彼らの根源的な形、表現であり、何よりも生きるための願いがこもった魂の造形を展示しています。これは、精神的な創作の原点であり、20世紀の芸術家たちだけではなく、現代の私たちが観ても、心打たれるのではないでしょうか。

    今回は特に代表的な作品をご紹介しています。


  • 2021/03/31
  • 11:14 #

    アフリカンアートミュージアムのお庭

    とても春らしい日が続いている八ヶ岳南麓です。
    当館の八重の紅枝垂れ桜も蕾がほころんできました。

    枝が暴れん坊なので、花後の剪定に手を取られただけに、開花が待ち遠しいです。
    甲斐駒ヶ岳を見渡せる お庭のベンチに座って ミュージアムガーデンをお楽しみください。

    季節のミュージアムガーデンをインスタグラムで配信しています。
    ぜひ、覗いてみてください♪ @africanartmuseumgarden

    https://www.instagram.com/africanartmuseumgarden


    当館は明日4月1日より開館いたします!


  • 2021/03/26
  • 17:42 #

    THE AFRICANART 開館10周年記念 アフリカ美術の真髄 I

    昨年2020年はアフリカンアートミュージアムの開館10周年で、代表的なアフリカの美術作品を展示する予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のために実現できませんでした。今年は規模を拡大し、3期に分け、1年を通してアフリカ美術の名作を紹介します。

    アフリカ美術の影響はピカソやブラックだけではなく、マチス、モディリアーニ、クレー、レジェ、ブランクーシ、ジャコメッティーやヘンリー・ムーアなど20世紀初頭にパリで活動していたすべての芸術家に及んでいます。
    リアリズムに頼らないアフリカの造形は、思いもよらないデフォルメ、フォルム、表現力、質感など、理屈ではなく観る者の心に直接、訴えかけてくる力があります。それは、数百年の間に淘汰された、民族の根源的な形、表現であり、何よりも生きるための願いがこもった魂の造形だからです。その中には、どのようなものがアイデアの元になったかを読み解くのが困難なものさえあります。
    これらは、感性による創作の原点であり、20世紀の芸術家たちだけではなく、現代の私たちが観ても、きっと心打たれるのではないでしょうか。






    THE AFRICANART 開館10周年記念 アフリカ美術の真髄 I
    期間:2021年4月1日〜5月10日 (前期) 5月13日〜6月28日 (後期)
    場所:アフリカンアートミュージアム
    北杜市長坂町中丸1712-7
    お問い合わせ:africanartmuseum2010@gmail.com




近くの店舗の宿泊プラン

近くの店舗のクーポン